あとりえ秋峰 静岡市葵区一番町

店・企業

あとりえ秋峰さんは、静岡市葵区一番町にあるハンドメイドのアトリエです。

作家活動を始めて今年で25周年!?

ハンドメイド界のカリスマ松田奈保子さんにお話を伺ってきました。

きっかけはアクセサリー雑誌のコンテスト入賞

ハンドメイドを始めたきっかけは、娘さんの学校のバザーに出す品物を友人と作ったことだったと話す松田さん。

なんとバザー用に、食材として身近な「マカロニ」をヘアアクセサリーにしてしまったんです!

マカロニをヘアアクセサリーに!?

マカロニを見てアクセサリーにしようなんて、誰も思いつかないですよね。

その発想力!!

最初からアイデアが普通の人とは違いますね。

その柔軟な発想と、カワイイデザインが認められ、なんとシュゲールが発行する手芸雑誌のコンテストに入賞!!

シュゲールは、静岡県内にも何店舗もあるクラフトハートトーカイグループさんの手芸専門店です。

そんな大きな手芸専門店の手芸雑誌に、初めて作った作品が入賞するなんて!!

初めてなのに、そのレベルの高さが伺えますね!

今でこそ、minneやBASE、Creema、iichiなどとハンドメイドサイトが増えてハンドメイド作家さんが身近な存在になりましたが、25年前からハンドメイドブームを牽引していたとさすがです!

松田さんは、言わば静岡のハンドメイドの火付け役!なのです!

思い立ったら即行動!その行動力がすごい!

コンテスト入賞後、本格的にハンドメイド作家として始動するのですが、松田さんはその当時幼い子供の子育て真っ只中のワーキングママ!

しかもお子様4人!!!

働いて、子育てして、主婦もして、更にショップを立ち上げるなんて、どこにそのパワーをもちあわせていらっしゃったのでしょうか?

本当にスゴイです!

バイタリティーに溢れてます!

しかし、そんなことは苦労とも感じていないかのように「調子に乗って始めちゃったんだよね〜」なんて笑顔でおっしゃる松田さん。

その行動力の凄さゆえの過去の経験を、その後も次々にサラリとお話してくださいました。

オリジナルアクセサリーブランド「Naoko Matsuda」の展開や、数々のハンドメイドイベントへの出店、雑貨店やカフェでの委託販売や買い付けに、東京の御徒町、日暮里、中野などへフットワーク軽く、どんなところへも出かけていきます。

静岡を飛び出して県外へのイベントや都内は普段から行かれている様子で、国内のみならずなんとサウジアラビアにまで出店したことがあるそうです。

サウジアラビア?! 

到着まで何時間かかるのでしょう?

もはやどこにあるのでしょう?想像もつきません。

世界を相手に活躍するハンドメイド作家さんがここ一番町にいらっしゃったとは思いもよりませんでした!

松田さんスゴイです!

子育てしながらハンドメイドで稼ぐ!」かっこいいモデルです。

長く続けるコツは「極めないこと」!?

お客様のお好みや生活スタイルに合わせて唯一無二の作品を生み出し続ける松田さん。

ビーズ、ワイヤー、天然石などを使用したアクセサリーを制作されている他、マクラメ編みやクラフトバック、洋服、つまみ細工、ブライダル用品、デスクマット、小物入れなど上げたらキリがないほど何でも作れてしまうのです。

松田さんは、「ひとつの物を極めない。これはできない!と言わずに何でもやってきた」ことが続けるコツだとおっしゃいます。

一つの形にこだわりすぎずに、色々な技術を身につけ、幅広い知識と技術を築き上げてきたからこそ、お客さまから作ってほしいと依頼されたものは何でも作ることができ、要望に答え続けることができるんですね。

確かにこれだけ何でも出来る松田さんと出会ってしまったら、お客様としても「もしかして松田さんなら作ってくれるかな、お願いしてみようかな」と依頼したくなりますよね。

そんな魅力が25周年という歳月に繋がったのだと思います。

フットワークの軽さとネットワークの広さ

ハンドメイドでとにかく「何でも」作れてしまう松田さん。

色々なところにアンテナを張っているからこそ、交友関係も幅広く、守備範囲も広いんです。

交友関係を最初から一つに絞って限られた人間関係の中で活動するのではなく、色々なところへ顔を出します。

そこで面白そう!やってみたい!と思ったことは軽やかに行動に移す。

どんな方とも気さくにお話ができる、そんな松田さんですので、色々なジャンルの作家さんや業者さんと気付けば知り合いになっているのです。

その広いネットワークから、委託販売先もすぐに見つかります。

ハンドメイドイベントへの出店依頼も向こうからやってくる。

「こんなもの作れない?」という話が松田さんの元へ寄せられ、常連のお客様からのリクエストに答えることで現段階では手一杯なほど忙しい状況のようです。

作って欲しいものを妥協せず作ってもらえることから、リピーターさんが多く、セミオーダーやオーダーという形で依頼が途切れません。

リピーターが多いのは、お客様のご要望に答え、満足できる品物を作り続けているからこそ、ですね。

スクールもやっています!

自分でハンドメイド作品を作りたい方へ向けて、スクールも開いています。

松田さんが、今まで培ってきた知識や技術を惜しみなく教えてもらえるなんてハンドメイドが好きな方にはとても嬉しいですよね。

でも、スクールというと、まずは基礎の基礎、素材やハンドメイドの歴史などからスタート、ということも少なくありません。

しかし、松田さんはそんな遠回りなことはしません。

「コレが作りたい!」という生徒さんにとって、必要なところから最短距離で教えてくれます。

だから「生徒さんが作りたいものをとことん作ることができる」んです!

せっかくだから、好きなもの、作りたいものを作ってハンドメイドを楽しみたいですよね!

そんな生徒さんの気持ちにも寄り添うあとりえ秋峰さんのスクールです。

制作依頼でも、スクールでの参加でも、何でもOK!

まずは気軽にお声かけ下さい!

バンチョー君
バンチョー君

よっ!番町のカリスマコーディネーター!

ハンドメイドのことならあとりえ秋峰さんにおまかせっす!

スーパーモデルの俺をコーディネートしてくれてもいいっすよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました