有限会社平出紙器 静岡市葵区南田町

店・企業

平出紙器さんは静岡市葵区南田町にある段ボール、印刷紙器、包装資材を製造・販売する会社です。

番町、田町を中心に地域密着の紙器製造会社として、法人向けに段ボール、箱、包装資材などの発注を受け、製造・販売しています。

今回、平出紙器さんの仕事について代表取締役の平出行隆さんにお話を伺ってきました。

地域密着!地域の法人向けに紙器を製造・販売!

もともと番町、田町地域は仏壇、家具、ひな具、竹千筋細工、お茶など製造が盛んな場所です。

平出紙器さんはそういった企業が作った商品を包む箱を長年製造されてきており、私たちが住んでいる番町・田町の地域の製造業を営む企業と非常につながりが強い会社です。

当たり前のことですが、箱には納入先の企業名や製品名が記されますので、平出紙器という名前は表立って出てくることはありません。

一般の私たちが平出紙器という会社を知る機会は多くはありませんが、この地域の製造業を陰で支えてきた立役者なのです。

現在ではこの地域だけでなく、静岡県下の100の企業と取引があり、その中にはみなさんが知っている大手メーカーや有名企業もあります。

平出紙器さんが製造した段ボールや箱は納入され、巷に多く出回っています。

私の家にも平出紙器さんが製造した箱がありました。

もしかしたら、あなたの家にも平出紙器さんが製造した箱があるかもしれません。

何でも作れちゃう!無限に作れる紙器のラインナップ!

平出紙器さんの工場では、大小さまざまな紙器が毎日すごい数作られています。

その中でも、主力は段ボールで、何万枚も製造されています!

従業員の数より機械の数が多いとおっしゃるように、様々なサイズ、素材、形、仕様に対応できる体制を整えています。

どんな形でも、どんなサイズでもかかってきなさい!

平出紙器さんにかかれば朝飯前です!

一般的な段ボールだけでなく、様々な形の箱や紙器も製造しています。

例えば、蓋付きの箱。蓋があるだけで、収納する箱としての需要がグッと高まります。

蓋部分を色紙で作っています。

白い箱部分と、色の蓋部分があることでオシャレですよね。

子ども部屋なんかにあると収納に使えそうです。

子供部屋で兄弟姉妹で自分の色を決めて色分けしてみるのもいいですね!

『私この色!』『俺はこの色!』何色もあるから好きな色を選べて、分けられるからわかりやすい!

また、好きな色、好きな模様を蓋にするだけでインテリア効果も高まりそうです。

シックに黒やダークブラウンで落ち着いた空間を演出したり、ビビットな赤でお部屋にアクセントを加えたり、和でも洋でもいける優れモノです!

蓋部分に会社のロゴやカラーを入れてみても面白いかもしれませんね。

家具を変えるとなるとハードルが高いですが、段ボールならコスパ抜群!!

紙だけじゃない!プラスチックやアクリルの包装品も製造!

また平出紙器さんでは、紙だけでなく、プラスチックやアクリル素材を使った包装品も作っています。

紙箱とプラスチック箱のセットになるとプレゼント感が出てきますね。

商品、粗品、贈答品にはもってこいです。

中にはお菓子や小物を詰めることができます。

色や素材を組み合わせたり、文字を入れたりすることで、カッコいいイメージのものから、オシャレなイメージのものまで、あらゆる包装品をつくることができます。

これはコロナ対策で使われているアクリル板です。

アクリル板、架台の設計から製造まで全部おまかせで製造できます。

どんなサイズでも、どんな素材でもお任せください!

紙器だけでなく、包装するものならなんでも平出紙器さんでは作ることができます!

パッケージ作りの頼れるパートナー!お客様の希望にトコトンお応えします!

数多くの紙器会社がある中で平出紙器さんが選ばれるのは、企業の細かな希望や要望に応えることができるからです。

希望のサイズ、形状、素材、色のものを1枚からお願いすることができます。

企業のこだわりにトコトン付き合い、商品のブランドイメージに合わせた形状、サイズ、素材のオリジナルの包装品をイチから作ってくれます。

『こんなものをつくりたい!』

『商品を大ヒットさせたい!』

こんなものできないかな?』

こんなことやるのは厳しいかな?』

パッケージについてよくわからないので教えてもらいたい!

パッケージについてのギモンや不安があれば何でもご相談下さい。

というより、何か商品を新たに作ったり、立ち上げる際にはぜひ企画から参加させてください。

多くの企業が動くときには、最終的な素材、色、サイズが全て決まったところで発注があることが多いです。

しかし、企画段階でお話をいただければ、もっと違った視点やよりよいアドバイスができたのになぁと感じることが多くあります。

平出紙器の知識や経験は、商品の企画段階から携わらせていただくことで、より力を発揮できるものであると考えています。

番町から世界を『あっ!』と驚かす商品を共に創りましょう!

『いいものをつくりたい』

『新しいものをつくりたい』

商品を手に取るお客様に幸せな気持ちになってもらいたい』

平出紙器としても、作り手である企業さんと思いは同じです。

中身の商品の良さを最大に引き出し、消費者を惹きつけるような包装をデザインします。

もちろん、ご予算、ご要望に合わせた形でコーディネートさせていただきます。

パッケージングを通してこの地域を盛り上げていきたいと本気で思っておりますので、企業の方でも、個人の方でもお気軽にご相談下さい。

バンチョー君
バンチョー君

パッケージひとつで商品の印象ってすっごく変わるっす!

商品や粗品の開発するときには平出紙器さんに相談っすね!

売れる商品のパーケージについてイチから教えてもらえまっす!

有限会社 平出紙器

静岡市葵区南田町2-2

平出紙器製作所 · 〒420-0051 静岡県静岡市葵区南田町2
建造物

054-253-7491

コメント

タイトルとURLをコピーしました